haruttiの日記

ゲームとか色々ボヤく場所

Armored Warfare 記事翻訳(ロシアの歴史的迷彩など)

記事を翻訳してるサイト無いのでここで投稿していこうと思います

2024.02.20ランチャーに投稿された記事の翻訳です。

※誤訳がある可能性があります

 

指揮官の皆さん!

毎年恒例、2月23日の「祖国防衛の日」に向けて、ロシアをテーマにしたスキン、迷彩服、デカール、国旗のシリーズを準備しています。

scr1

この外皮は、2006年9月にクビンカで開催された「戦車兵の日」に展示された第4衛兵戦車師団「カンテミロフスカヤ」所属のT-80Uをベースにしている。同師団は、クビンカ試験場から20kmほど離れたナロ・フォミンスク(モスクワの南東)に駐屯している。

scr2

この車両は、ロシアの標準的な迷彩服に興味深い塗装が施されていた。車体の両側にはロシア国旗を掲げたハヤブサが描かれている。さらに、РОССИЯ("ロシア")の文字が、前面プレート下部を保護する前面ラバースカートに描かれている。そこにはロシアの公式紋章も描かれている。

scr3

この戦車が就役20周年を迎えた2001年以降、少なくとも同じ塗装が施されていたことは注目に値する。336というナンバーも、カンテミロフスカヤT-80Uから取られたものである。我々のスキンには、砲塔後部のシュノーケルチューブに戦車の名前(Bars)も描かれている。

scr4

イベント期間中には、他にも以下のようなアイテムが販売される予定だ:

・ロシアンディフェンダー迷彩(2018年にクビンカでもT-62Mで見られたもの)
・カンテミロフスカヤ師団戦術エンブレムデカール
・ホワイトスターデカール
・ロシアの熊のデカール

これらのアイテムをお楽しみいただければ幸いです:

戦場でお会いしましょう!

Historical Skins: T-80UM-1 Defender | Armored Warfare - Official Website (my.games)

Armored Warfare 記事翻訳(バレンタインスキンが手に入ります)

記事を翻訳してるサイト無いのでここで投稿していこうと思います

2024.02.14ランチャーに投稿された記事の翻訳です。

※誤訳がある可能性があります

 

指揮官の皆さん!

2月14日、世界はバレンタインデーを祝う。今こそ、戦車やあらゆる装甲物への永遠の愛を告白する絶好の機会です!私たちは、あなたの「何かを吹き飛ばしたい」という欲望の炎を燃え上がらせるようなボーナスやプレゼントをたくさん用意しました!

scr1

今回は、2024年2月14日~2月16日(中央ヨーロッパ時間21:59~23:59)の間に、好きな乗り物を使ってPvEで14勝、PvPで2勝すると賞品を獲得できる。

賞品の内容

・ハートブレイカー迷彩
・Wilk XC-8 Tier 10 駆逐戦車用ラブスキン

なお、すでに迷彩服やスキンをお持ちの方は補償の対象外となりますので、まだお持ちでない方向けのイベントとなります。賞品はイベント終了後に配布されます。

それでは、戦場でお会いしましょう!

Celebrating Valentine’s Day | Armored Warfare - Official Website (my.games)

Armored Warfare 記事翻訳(パッチ0.11内容)

記事を翻訳してるサイト無いのでここで投稿していこうと思います

2024.02.08ランチャーに投稿された記事の翻訳です。

※誤訳がある可能性があります

 

指揮官の皆さん!


アップデート0.110がリリースされました!

scr1

アップデート0.110の変更リスト
HE弾の修正

このアップデートでは、前回のパッチでゲームに導入されたHE砲弾に関するいくつかの問題、すなわち爆風(スプラッシュ)ダメージの消失を修正している。

まず良いニュースとして、砲撃やその他の "通常の "スプラッシュダメージが正しく機能するようになった。悪いニュースは、スプラッシュの消失の原因となっている問題は、私たちが以前考えていたよりも遥かに深く、他の複数の問題(例えば、悪名高いプーマの性能低下など)と関連しているということです。

そのため、一時的な措置として、プーマとボクサーCRVはエアバースト・シェルを通常のものに変更した。我々はこれが彼らの性能に対する大規模なナーフであることを認識しており、エアバースト弾が意図したとおりに機能するように(あるいは少なくとも他のバフによって性能低下を補うように)取り組んでいる。

一般的な変更

AS90が契約車両として利用可能に
・プレイヤーが常にマップの最初にスポーンする、悪名高い腐敗率の問題を修正
・複数のビークル(特にKornet-D1とOntos)において、Retreatのアクティブアビリティを使用すると射撃速度が増加する不具合を修正
・SPGクラスのマッチメイキング速度を改善
・Boxer CRV: 車両のサイズを修正(現実のパラメータに対応させるため、車両を小さくしました)
・Boxer CRV: ATGMが誤った方向に飛ぶことがある問題を修正
・グリフィン50mm タクティカムスキンの外観を修正(塗装レイアウト、一部の小さなパーツが塗装されていないなど)
・KF41 リンクス試作型 破壊された砲塔モデルの一部の砲塔パーツを撃ち抜くことができなくなった。
・Pindad 照準サークルの外観を調整
・プーマ この車両のカモフラージュ外観を修正
・T-80UM-1:この戦車の達成プログレスバーを修正
TOS-1M:照準円の外観を調整
・腐敗率 プレイヤーがC3でスタックする可能性のあるスポットを修正
・新しい戦車を購入する際、取得画面で別の車両が表示される特定のケースを大量に修正
・所有可能なクレジットの上限を撤廃。
・将来のテスト用にドローンのメカニックを追加(現在は使用不可)
・将来のイベント用に多数のアセットを追加
・今夜未明にサーバーがクラッシュする原因となっていた問題を修正
ユーザーインターフェースの小さな問題を修正
・ビジュアルの小さな問題を修正

ローカライズに関する小さな問題を修正

Update 0.110 Now Available | Armored Warfare - Official Website (my.games)

Armored Warfare 記事翻訳(次回のBPの話)

記事を翻訳してるサイト無いのでここで投稿していこうと思います

2024.02.06ランチャーに投稿された記事の翻訳です。

※誤訳がある可能性があります

 

指揮官諸君!

2024年2月が到来し、Armored Warfareの次の主要コンテンツ、我々が "Europe's Edge "と名付けたバトルパスを紹介するのに適切な時期が徐々に訪れ始めている。

scr1

いつものように、独占的なビジュアルカスタマイズの一部とともに、発売前に割引価格でアクセス権を購入できるオプションが用意されている。そして今回は、T-72M1プレミアム主力戦車用スキン「T-72M1 Wittman」となる。

名前から推測できるように、次のバトル・パスはヨーロッパに関連しており、ヨーロッパの戦後の軍事史NATOに関連している。

このスウェーデンT-72がそうであったように、この組織は複雑な歴史を持っている。ちょっと待てよ、スウェーデンソ連の技術を使っていないし、NATOにも入っていないじゃないか」と思うかもしれない。しかし、スウェーデンは主要な軍事力を持っているだけでなく、最近NATOの申請書を提出し、同盟加盟への道を歩んでいる。私たちは、ある意味で冷戦終結から現代に至るまでの長く曲がりくねった道のりを象徴するような車を紹介したかった。そして、このT-72ほどそれを象徴する車両はない。

scr2

ソビエト連邦でその生涯をスタートさせた。製造番号から判断して1977年9月にUVZで製造され、1980年代初頭(おそらく1981年から1983年の間)に最初のT-72の1両として東ドイツに輸出された(後に東ドイツで生産されたT-72ウラル戦車はチェコスロバキアで製造され、時代遅れの光学式距離計を備えていなかった)。東ドイツチェコスロバキアの両軍が一つの旗の下に統一されるまで、この戦車は10年以上使用された。両軍が現代の連邦軍に統合された後、ドイツはT-72を含む多くの旧ソ連軍装備を処分した。

一部は博物館へ、一部は第三世界へ売却され、一部は西側軍のOPFOR部隊として使用された。このT-72(製造番号G09WT5146)もそうだった。OPFOR車両としてスウェーデンに売却された9輌のうちの1輌である。ワルシャワ条約機構時代の緑色の塗装はそのままに、新しいスウェーデン番号と「ヴィットマン」という新しい名前が付けられた。

scr3

スウェーデン人は、元ドイツ軍OPFORの車両を第2次世界大戦に関連する司令官の名前で呼ぶことにこだわりがあるのだ。スウェーデンの情報源の中には、この車両はドイツ国防軍の将軍アウグスト・ヴィットマンにちなんで名付けられたとするものもある(他の車両がモンティやロンメルと呼ばれているのと同じだ)。

scr4

しかし、確かなのは、この戦車がスコーブデ(スウェーデン南部)に駐屯するスカーボルグ連隊(呼称P 4)で活躍したということだ。2005年頃に退役するまで、多くのスウェーデン兵がこの戦車からソ連軍の車両の弱点を学んだ。その後、車両は当時スウェーデン最大のアクスヴァル装甲博物館(Pansarmuseet i Axval)に譲渡された。

scr5

残念なことに、2007年末に博物館の閉鎖が決定し、そのコレクションは現在有名なスウェーデンのアルセナレン博物館に移され、今日に至っている。

私たちは、2008年に行われたアクスバル博物館のお別れイベントで、この車両をモデル化することにした。

scr6

車両モデルの正体についても疑問がある。この車両は、いくつかのウェブサイトでT-72M1として誤って掲載されている。我々はこの矛盾を承知しているが、とにかくM1をベースにモデル化することにした。なぜなら、M1にはかなりクールなモデルがあり、T-72M1も予約注文中に入手できるからだ。

scr7

そして最後に、「予約販売はいつになるのか?

scr8

おそらく2月になるだろう。その前に、近日公開予定のバトルパスについてもっとお伝えしなければならない。だが、それまでは:

戦場でお会いしましょう!

Historical Skins: T-72M1 Wittmann | Armored Warfare - Official Website (my.games)

K2 Black Panther 解説


K2 Black Panther
※下の基本性能は筆者の乗員レベル5および車長はOpheliaを使用した数値なので前後する可能性はあります。

Tire 10
車種 MBT
耐久値(HP) 3000-3400
砲塔旋回 48.23deg/s
重量 55000kg
視界範囲 457.6m
隠蔽率 7%
車体装甲 対AP 対HEAT -
- 970㎜ 1065㎜ Composite
砲塔装甲 対AP 対HEAT -
- 1025㎜ 2080㎜ Composite
KAPS Hard Kill APS Hard kill 反応範囲 装填時間 発動距離 発動範囲 総弾数
- - 500m 30s 20m 360° 4
主砲 120mm CN08 L/55 装填時間 総弾数 収束 俯角/仰角
- - 7.50s 48 1.79s -16.0/23.0°
主砲 120mm CN08 L/55+Magazine Loder 装填時間 単発装填 総弾数 収束 俯角/仰角 油圧サス使用 マガジン総弾数
- - 13s 4s 46 1.79s -11.0/20.0° -16.0/23.0 3
主砲 120mm CN08 L/55+Ready Rack 装填時間 単発装填 総弾数 収束 俯角/仰角 油圧サス使用
- - 9.50s 4s 46 1.79s -11.0/20.0° -16.0/23.0 3
120mm K279 APFSDS 弾種APFSDS 平均ダメージ 貫通 精度 弾速 ダメージブレ
- - 620 830㎜ 0.099 1750m/s +-5%
120㎜ K277 HEAT-MP 弾種HEAT 平均ダメージ 貫通 精度 弾速 ダメージブレ
- - 744 920㎜ 0.099 1200m/s +-10%
7.62AP 弾種AP 平均ダメージ 貫通 精度 弾速 ダメージブレ
- - 8 18㎜ 0.15 855m/s +-10%
エンジン MTU MB Ka-500 1500hp 馬力 最高速度 0to32km/h 0toMAX 車体旋回速度 引火率
- - 1500hp 70km/h 5.26s 28.80s 37.09° 8%
エンジン MTU MB Ka-501 1500hp 馬力 最高速度 0to32km/h 0toMAX 車体旋回速度 引火率
- - 1500hp 75km/h 4.80s 30.27s 37.10° 8%
エンジン Doosan DST 1500hp 馬力 最高速度 0to32km/h 0toMAX 車体旋回速度 引火率
- - 1500hp 55km/h 2.93s 10.46s 37.08° 0%

解説

この車両は主に火力面のみだが自分のオリジナルセットアップが出来る。何を重視するかはあなた次第。

火力
DPMは自分のモジュール配置だと7900とDPMはトップ。貫通も830と申し分なしの非常に使いやすい主砲となって居る。モジュール選択次第ではDPM特化や単発リロードを早めたりすることが出来るので使いやすいように開発するといい。
防御面
この車両はAPに対してはめちゃくちゃ堅いのだがATGMやHEAT、PISHなどの特殊弾頭にはめちゃくちゃ弱いので注意しないといけない。油圧サスを使って頭出しすると強いが車体正面上部はATGMや特殊弾頭が普通に貫通するうえ弾薬庫誘爆でワンパンで持って行かれる可能性もあるので注意しないといけない。
機動力
基本的にエンジンを開発していくとMBTらしい機動力を手に入れることが出来る。特別早い訳でも遅いわけでもなくMBTとしては標準的。他下ルートにある特殊なエンジンは加速特化の最高速度は55㎞前後と走り出しなどの瞬間的な動き向けのエンジンなので余程の事がなければ選ぶことは無いと思う。
総評
MBTの中ではDPMに振った車両となる。ただ全体的な性能を見ても特殊弾頭などには弱いが、それ以外はバランスよく比較的取り扱いのしやすい車両に収まっているので初心者も比較的使いやすい。だだこの車両を開発するルートが特徴的すぎるので開発が大変かもしれない。

Leclerc T4解説


Leclerc T4
※下の基本性能は筆者の乗員レベル5および車長はOpheliaを使用した数値なので前後する可能性はあります。

Tire 10
車種 MBT
耐久値(HP) 3800-4100
砲塔旋回 54.25deg/s
重量 62000kg
視界範囲 442.6m
隠蔽率 7%
車体装甲 対AP 対HEAT -
- 1020㎜ 1195㎜ Composite
砲塔装甲 対AP 対HEAT -
- 1055㎜ 1625㎜ Composite
Automatic Hard Kill APS Hard kill 反応範囲 装填時間 発動距離 発動範囲
- - 500m 60s 20m 360°
GALIX Soft kill APS Soft kill 反応範囲 有効範囲 ATGM標準ペナルティ係数 追加のペナルティ係数 ATGM俊敏性ペナルティ 発動範囲
- - 275m 275m ×11 3.5 ×0.65 360°
主砲 140mm Exp. Cannon 装填時間 総弾数 収束 俯角/仰角
- - 8.40s 46 2.58s -8.0/15.0°
主砲 Upgraded Ammo Rack for 46 Rounds 装填時間 総弾数 収束 俯角/仰角
- - 8.40s 46 2.58s -8.0/15.0°
140mm OFL 140F1 APFSDS 弾種APFSDS 平均ダメージ 貫通 精度 弾速 ダメージブレ
- - 855 875㎜ 0.13 1800m/s +-5%
140mm OE 140 F1 HE 弾種HE 平均ダメージ 貫通 精度 弾速 ダメージブレ
- - 1280 65㎜ 0.169 980m/s +-10%
7.62AP 弾種AP 平均ダメージ 貫通 精度 弾速 ダメージブレ
- - 8 18㎜ 0.15 855m/s +-10%
エンジン Wartsila V8X SACM 1500 hp Diesel Engine 馬力 最高速度 0to32km/h 0toMAX 車体旋回速度 引火率
- - 1500hp 72km/h 6.03s 31.14s 36.35° 8%
エンジン Upgr. Wartsila V8X SACM 1500 hp Diesel Engine 馬力 最高速度 0to32km/h 0toMAX 車体旋回速度 引火率
- - 1500hp 72km/h 5.66s 29.34s 36.35° 8%

解説

今回この車両はモジュール開発が特殊で自分の好みで完全オリジナル車両が完成する。攻撃特化に振るもよし防御に振るにも良しといろいろ派生があり今回紹介するのは自分が考えたモジュールルール配置なので参考までに見てもらえるといい。

火力
DPMは7500と自分のモジュール設定だとこうなる。単発組のMBTだとトップに君臨する、マガジンタイプのも含めてもトップワンツーを取り合うレベルの高水準に収まっている。単発、貫通も高いので非常に使いやすい。
防御面
モジュール次第ではあるがhardkillも装備できる。車体に関してはある程度までは弾けるが硬いわけでは何ので過信は出来ない。他車体下部がとても広いので車体下部を隠すような動きは非常に難しい。
機動力
最高速度は80km/hとMBTの中では非常に良い。さらにスキルとしてエンジンブーストも装備しているのでさらに機動力は申し分ないだろう。
総評
MBTの中では火力と機動力を持ち合わせた車両という印象。装甲は過信は出来ないものの火力と足を活かしてもよし殴り合いでMBT同士でもDPMを活かしてもよしとストレスはあまり感じない車両に収まっている。ティア10初めの車両にはお勧めは出来るが開発ツリーが特徴的すぎるので開発に至るまでが大変かもしれない。

Armored Warfare 記事翻訳(パッチ0.1内容)

記事を翻訳してるサイト無いのでここで投稿していこうと思います

2024.01.25ランチャーに投稿された記事の翻訳です。

※誤訳がある可能性があります

 

指揮官の皆さん!

アップデート0.100がリリースされました!

scr1

アップデート0.100変更点リスト
モダン・ブリティッシュコントラクト

モダンブリティッシュコントラクトが利用可能になった。この複数ヶ月の契約では、通常通り以下のステージで入手できるイギリス戦利品クレートに加え、AS90 Tier 8 プレミアム自走砲が主な賞品として登場する。また、新たな実績も用意されている。AS90については専用記事をご覧ください。

harutti.hatenablog.com

AS90はゲーム内の戦車リストでは一時的に使用できないので注意してください。

一般的な変更

・以前のアップデートで、プーマとボクサーCRV HE弾の部分ダメージを72から45に調整した。このアップデートは、その性能を許容レベルまで引き上げるのに役立たなかったため、この記事で説明するように、そのメカニズムをさらに変更する予定です(ただし、今回のアップデートでは変更しません)。
・ウッディのタンクギャングラジオは、設定(サウンド、字幕)で無効にできるようになりました。
・2S1 Gvozdika: 前進時にスモークカバーで視界が遮られることがなくなりました。
・Centauro 155: 4発の砲弾を装填できるレディラック機構を追加し、リロード時間のバランスを調整することで、1分あたりのダメージ値を同一に保つように変更
・Centauro 155: 発煙弾と白リン弾が通常の砲弾としてカウントされるように変更
・Boxer CRV:砲弾の着弾がレティクルと正しく一致するように変更
・Boxer CRV: リバースライトが正しく動作するように修正
・Boxer CRV: プログラム可能な弾薬の特性を追加

・Boxer RIWP: 照準レティクルの位置を修正しました(カーソルの上に表示されなくなりました)。
・Boxer RIWP: 銃の貫通インジケータが正しく動作するように修正
・Boxer RIWP: ハイブリッド使用時のATGMの切り替えに0.1秒かかるように修正
・Boxer RIWP: ERAモジュールが正しくStrikeShieldと呼ばれるようになりました。
・Boxer RIWP: ヒドラロケットとブリムストーンATGMが正しく表示されるようになりました。
・Boxer RIWP:ハイブリッド砲塔が船体をクリップしなくなった。
・Boxer RIWP:不正なNERA特性を削除しました。
・Boxer RIWP:一人称視点モードでの砲の仰角を修正しました。
・Boxer RIWP: スモークグレネードがタレット方向ではなく前方に正しく発射されるようになりました。
・Boxer RIWP: アーマーインスペクター機能で全ての砲塔を選択できるようになりました。
・Boxer RIWP: 空の薬莢が銃から正しく飛び出すようになりました。
・Boxer RIWP: 弾薬ラック爆発時に砲塔が引きちぎられるエフェクトを修正(以前は砲塔が消えるだけだった)

・KF41 リンクス試作機 発射速度のモジュール名を修正。
・KF41 リンクス試作型 コマンダーの光学系に発砲しても、戦車自体にダメージを与えなくなった。
・KF41 リンクス試作型 砲塔の衝突モデルを修正
・KF41 リンクス試作型 マシンガンの発射エフェクトを修正
・KF41 リンクス プロトタイプ スモーク・グレネード・ランチャーが発射時に正しく空になるようになった。
・KF41 リンクス試作型 カモフラージュに関するいくつかの問題を修正。
・KF41 リンクス プロトタイプ その他、細かなビジュアルの問題を多数修正
・KF41 Lynx プロトタイプ 戦車のアイコンを更新

Leopard 1: 1A1のスキンエレメントがベースモデルに漏れていたのを修正。
・M1A1 AIM:いくつかの小さなFEPスキンの視覚的な問題を修正しました。
・M1A2: いくつかの小さなアスガルドスキンのビジュアルの問題を修正
・MPF LT: ブッカー スキンの外観を修正 (銃、旗の上のテクスチャが正しくない)
・Panzerhaubitze 2000: レディラックと通常のリロード時間の差をより大きくするため、リードラックのメカニズムのバランスを調整(5秒対7.33秒)。
・Panzerhaubitze 2000(パンツァーハウビッツェ2000): 発煙弾と白リン弾は通常の砲弾としてカウントされる。
・PLZ-89: 砲塔の装甲ゾーンが正しくなかったのを修正

・Puma:シェルタイプの切り替えに0.5秒かかるようになりました。
・プーマ 不正確なHE砲弾の衝撃視覚効果を修正
・プーマ ガレージのUIのアーマー値を修正
・プーマ 破壊された車両のビジュアルモデルを修正
・ZTZ-20: オブシディアンブレードスキンの破損したNERAの外観を修正
・レート・オブ・ディケイ ウッディのグリフィンの挙動を調整。
・レート・オブ・ディケイ ジョシュアの戦車やその他いくつかのオブジェクトが最初のカットシーンの後に消えているように見えるが、コリジョンモデルは残っており、マップの初期セクションでプレイヤーが理由なく立ち往生しているように見える問題を修正。
・腐敗率: 低グラフィック設定および最小グラフィック設定における水の反射効果を修正
・将来のイベント用にいくつかのアセットを追加

Update 0.100 Now Available | Armored Warfare - Official Website (my.games)
・一部の車両における機械化歩兵のアニメーションを修正
・いくつかの小さなユーザーインターフェースの問題を修正
・いくつかの小さなビジュアルの問題を修正
ローカライズに関するいくつかの小さな問題を修正